間違って買ったファンデーションによる失敗談・・・

去年のお祭りの時のことです。
以前ファンデーションはパウダーを中心に使っていたのですが、汗かきということもあって夏になると汗で、ほとんど化粧が落ちてしまうというのが欠点でした。
それで化粧直しをするのに、涼しい場所に行って乾かしてから塗りなおすという事をしないといけないのでずいぶんと不便な生活をしていました。
そういう中でクッションにするとリキッタドとパウダーの中間で化粧落ちがしにくいだけでなく、べったり感がないのでいいという話を聞きました。
使っている友達を見ても、とても長持ちしていて奇麗に見えたので、なかなかいいと思って購入したのです。
数回使ってみたのですが、なかなかいい感じでした。
それである日の夏祭りの日に、そのクッションを使って化粧をしてお祭りに出かけました。
朝から結構遠くの場所まで行ったので、昼に一度化粧直しをしました。
ちょっと化粧が崩れている様子だったので、かなり濃く上から塗ったのですが、大丈夫な雰囲気でした。
それから皆と遊んで夕食を食べている時に、友達がものすごい顔になっていると教えてくれました。
自分では、なんだろうと気にかけていませんでした。
昼からも一度トイレで確認した時は大丈夫な感じだったからです。
それで夕食の後トイレに行って自分の顔を見て、ビックリしてしまいました。
まるでお化けのようでした。
パウダーだとほとんど全部と言う感じで、すっぴんのような雰囲気になるので、みっともないとしてもそれなりに見れる顔ですが、クッションがまだらにはげた状態は口では表現しがたいものでした。
一部は素肌で一部はファンデが混じり、顔がマーブル状態になっていました。
みんなでとった写真の顔も、怖くて後で削除してしまいました。
友達が話しをしてくれなかったら、ずっとその顔で過ごしていたかと思おうと恐ろしくて仕方がありませんでした。
とりあえず応急処置をしましたが、静かにして目立たないようにして、過ごし帰る時間を待ちました。
後で気がついたのですが、メーカーによってクッションの質やもち時間も違うようです。
私が買ったクッションは最悪でした。
後でいつも奇麗にしている友達に聞いてそのメーカーを買ったのですが、化粧した感覚や持ち時間の差があまりにもあって、私自身の問題でなくて、そのクッションが問題でお化けになってしまったというのを後で気がついたのもです。
それなりのお金を出して買いましたが、そのクッションは捨てました。
そのメーカーの化粧品は二度と買わないようにしようと思っています。
お金を損せず、恥じをかかないためにも化粧品はよく調べて買うものだと反省しています。