ファンデーションがヨレてダマに・・・

私が20代の頃、会社員だった時の話です。
私は中学生から目が悪かったのですが、目が悪い事でそこまで困った経験がなく、コンタクトレンズをする度数でもないなと見えにくい時だけメガネをかけていました。
その日も、昔から朝が苦手な私は、いつもの様にギリギリに起きて、顔すら洗わないでよく見えてない目でそのまま適当にメイクをして、アイプチをして、髪もとかさず、ただ結んだだけの状態で会社に行って仕事をしていたのですが、周りの人が何故かジロジロみているけど何で見ているのかわからず、結局そのまま一日中仕事をして帰りました。
家に帰って、ふと鏡を見ると、顔が大変な事に…。
ファンデーションがヨレてダマになっている部分と塗れてない部分、白塗りし過ぎて首の色と繋がっていない、顔が脂でテカりベタベタしている、アイプチしたハズの目は引きつっていておかしい…。髪の毛は、え?!どうしたの?というくらいボサボサでアホ毛が出まくっているし、また眉毛に至っては眉毛の手入れを全くしていなかったので伸び放題で、その上からペンシルで書いていたので均等ですらなく、高さが全く違う…。
よくもまぁこんな顔と髪で一日中仕事をしていたものだ…と思い恥ずかしかったし自分自身に呆れました。
周りの人も顔変だよ。と、言ってくれたら良かったのに…とも思いましたが、流石に顔の事は言うに言えなかった、出来れば近寄りたくなかった…。が正解ですかね。
今まで親からもメイクやり方を教えてもらった事もなかったし、メイク道具も適当で、やり方もかなり自己流だったので、どうにかメイクが上手くなりたくて、姉のファッション誌を見て練習して、それからは相変わらず朝が苦手で起きられなくて支度もギリギリでしたが、顔はちゃんと洗い、髪の毛は前日からマイナスイオンのドライヤーで手入れして寝癖をつきにくくして、メイクは顔と首の色がちゃんと繋がる様に綺麗にファンデーションを塗り、勿論、フルメイク頑張りました。
社会人として当たり前と言えば当たり前の事ですが、身なりって大事ですね。
それと、念願だったコンタクトレンズも買いに行き、ホントにメイク頑張りました。
あの時、恥をかかなければ、もしかしたら40代でノーメイクでシミいっぱいの顔で出歩いていたかもしれません。
今現在は、昔とは違いスキンケアもきちんとしてかなり頑張ってると思います。
見た目もシワもなく年齢より10以上下に見られる事が多々なので、昔のあの経験も悪くはなかったです。今は、リポコラージュラメラエッセンスCを使ってアンチエイジング中です!